介護施設 在宅介護

介護施設と在宅介護ってどっちがいいの?

 

家族の介護が必要になった時、多くの人は在宅介護と介護施設という大きな分岐点で選択しなければなりません。在宅介護が本来一番いいけど、家族の負担などを考えたりします。また、介護施設であれば経済的な問題であったり、家族を介護施設へ入居させたという精神的に追い込まれた気持ちになる人も多いようです。

 

 

こういった悩みは介護施設入居と在宅介護を選ぶ人ではよくある話です。

 

 

在宅介護と介護施設どちらが良いのかはケースバイケースです。在宅介護の方が介護施設よりも経済的な負担が少ないのは明らかですが、それも介護が必要な高齢者の介護度合いによって変わってきます。介護の度合いが高ければ、在宅介護でも介護施設と変わらないほどの介護費用がかかってきます。それにともなって家族の負担も大きくなってくるのです。

 

 

介護という分野でこういった言葉は適切ではないですが、疲労と費用がマッチしなくなるというのが在宅介護でよくある悩みのようです。もちろん、家族が苦痛とも思っていないのであれば、なんの問題もありませんが、在宅介護をしている人が介護欝になるケースも増えてきています。

 

 

そういった面でみれば、介護の度合いが高くなればなるほど介護施設の方がオススメされるわけです。

 

 

 

介護施設のメリットってなに?

 

在宅介護と介護施設比べた時に、介護施設に入居するメリットはなんでしょうか?経済的な負担は大きくなるし、家族を介護施設に預けたという後ろめたさなどもあるなか、介護施設のメリットについて説明します。

 

 

まず第一に介護のプロに任せるというメリットがあります。介護が必要とされる高齢者の中には認知症が多くあります。近年の認知症に対する考え方は適切な介護や対処によっては症状の進行を緩めることができると言われています。在宅介護でも訪問介護を使えば大丈夫なのですが、介護施設だと24時間365日そういったプロがつきっきりになってくれるのはメリットです。

 

 

家族の負担が少なくなるのは介護施設のメリットです。家族の負担を減らす為に経済的な負担を背負わなければならないですが、ある程度の経済的な余裕があれば介護施設を利用するのは大きなメリットと言えるでしょう。在宅介護にとって介護をしている人が疲れてしまうというのが一番危険な状態です。

 

 

介護をされる家族も介護をする家族も負担がかかって精神的に追い込まれるのであれば、介護施設を利用したほうが良いと考えられるケースは多いんですよ!

 

 

 

 

介護施設のデメリットってなに?

 

介護施設を利用するデメリットの一番は経済的な負担と言えるでしょう。介護施設は決して安い買い物ではありません。

 

マイホームを建てるぐらいの覚悟で望まないと、よい介護施設に出会えませんし、経済的に追い込まれてしまうケースはよくあります。介護施設でのトラブルで一番多いのは費用の問題です。また、ほとんどの介護施設は権利などが関係してくるため多くの問題がまだたくさん残っていると言えるでしょう。

 

 

在宅介護よりも介護施設を利用する方が費用的に高くなります。そして、在宅介護から介護施設へシフトする人の中には家族を介護施設に預けるという後ろめたさがあるようですね!どうしても、人間の考え方的に苦労をお金で解決したという軽い非人道的な扱いになってしまうのが現在の状況です。

 

 

少しずつ変わりつつありますが、まだまだそういった考え方は根強くあるようです。立地条件や施設の条件などを考えるのも疲労や悩みにもつながります。賃貸マンションを決めるような感じでラフに入居を決めることができないのも介護施設ならではの悩みだと言えるでしょう。